心身健康こそ至高

「Vibram(ビブラム) FiveFingers」筋トレに本気でオススメの5本指シューズ

WRITER
 
ビブラムの画像
この記事を書いている人 - WRITER -
心身の健康こそが最上
詳しいプロフィールはこちら

最近ゴールドジム等で見かける5本指のシューズ。

Vibram FiveFingers(ビブラム ファイブフィンガーズ)というのですが、どうやらトレーニングにめちゃくちゃオススメとのこと。

前から「かっこいいなー」と思っていたので早速注文し、1ヶ月ほど使ってみたので、その使用感や購入時の注意点などを書いていきます。

ビブラムを購入を検討している人、トレーニング用のシューズを探している人は是非参考にしてください。

5本指シューズVibram(ビブラム)

ビブラムは”今の自分に気づき、これからの自分をつくる靴。”のコンセプトの基作られたシューズです。
引用:barefootincホームページ

「Barefootinc」と言うアメリカの会社が作っています。

僕は最初、ビブラム社のファイブフィンガーズと思っていましたが、ビブラムもただの製品名でした。

会社名のBarefootinc(裸足inc)からもわかるように、ビブラムでは裸足で歩くという自然な状態にこだわったています。

ビブラムのホームページによると「近年シューズのハイテク化により現代人の歩くという行為は自然な状態から離れている。それが足や体の不調、そして運動パフォーマンスの低下につながっている」とのこと。

裸足という自然に近い状態になれるシューズを使うことで”人”がもつ本来の力を戻そうというのがビブラムの考えです。
なのでビブラムを履いて、ウォーキングやランニングをすると体の調子がよくなるんだとか。

トレーニングには直接関係ないかもしれませんが、これはうれしいメリットですよね。

ビブラムのトレーニングへの効果

ビブラムがトレーニングにオススメな点は以下の2点です。

  • ソールがめちゃくちゃ薄い
  • 5本指で踏ん張りやすい

この特徴から足を踏ん張るときの力を伝えやすく、スクワットやデッドリフトをするときに非常に役立ちます。

ソールが薄い

ビブラムのソールはめちゃくちゃ薄いのが特徴です。
クッション性はほぼ皆無です。

ソールが薄い靴だとパワーリフターの人達がよく使っている「健さん(リンク先は別ブランド)」が有名ですが、それよりもソール自体は薄いです。

ソールに余分なクッションがない分、足の力をダイレクトに地面に伝えることができます。

5本指で地面をつかむ

なんたって5本指シューズと謳っているわけですから、ビブラムの一番の特徴はこの5本指の部分です。

ビブラムの画像

5本指のおかげでそれぞれの指が独立し、しっかりと地面を掴むことができます。
これにより足で踏ん張る力が上がり、いつもよりスクワットの回数も増えるとのこと。

ただしもちろん個人の好みがあります。ソールが薄いのが気持ち悪いという人もいるでしょう。
最終的には色々試してみて一番気に入ったものを使ってください。

ビブラムの履き心地

履いた感じはまさに「素足」という表現がピッタリです。

  • ソールが極端に薄い
  • つま先からかかとまで高さが同じ
  • 5本指

ということで最初は違和感を覚えます。

実際に高重量のスクワットやデッドリフトをしてみるとわかりますが、安定感があります。
がっと地面を踏ん張れるというか、やはり力は出しやすいと個人的には感じました。

トレーニング用のシューズを探している人には素直にオススメできます。

オススメのシューズ

ビブラムファイブフィンガーズにはたくさん種類があります。

中にはある程度ソールに厚みのあるランニング用のシューズもあるので注意が必要です。

しかしトレーニング用はとにかくソールが薄い方がいいだろうということで、ビブラムの中でも特にソールが薄いシューズを紹介します。



KSO EVO

ビブラムkso-evoの画像

KSO EVOはビブラムの中で一番アウターソールが薄いシューズです。
薄さは3mmとのこと。

実際に試着をしに行って一番薄いKSO EVOを選択肢ましたが、特に不満はありません。

ただ、デザイン的に他のがいいと思うなら他のシューズを選んでもいいかもしれません。
ただし何度も言いますがある程度の厚みはあります。

vibram fivefingers ビブラム ファイブフィンガーズ Men's KSO EVO (M41 (26.7cm), Black)
とりあえずこれで問題ありません!


EL-X

EL-Xの画像

上記「KSO EVO」の靴紐?にあたる部分がないバージョン。

紐を締めなくていい分、いろんな手間がかかりません。

確かにKSO EVOの紐を絞める部分は必要かと言われるとそうでもない気がします。

とにかくガチッと絞めたい人は「KSO EVO」、手間は極力避けたい人は「EL-X」という選び方でいいのではないでしょうか。

取り扱い店舗

取り扱い店舗はこちらから確認できます。

どんどん取り扱い店舗が増えていっているようですが、まだまだ置いてあるところは少ないようです。

試着する場合はチェックしましょう。

トレーニングに使うのでちょっとしたサイズ感が重要になってきます。
通販で買うにしても一度試着してから購入することを強くオススメします。

購入時の注意点

  • 外国のシューズなのでサイズが特殊
  • 通販で買うときは注意が必要
  • 全種類ソールが薄いわけではない
  • サイズの在庫切れがけっこうある
  • 靴下を履いた状態でも試着する

僕は最初、より裸足に近づけるため靴下を履かずにビブラムを使っていましたがあまりオススメはしません。
足に汗をかくと、足とシューズの間で滑るようになるからです。

なのでめんどくさいですが、ちゃんと5本指ソックスを履いて使った方がしっくりきます。

あくまで僕個人の意見ですが、ゴールドジムでも裸足で使っている人はほとんどみかけないので結局靴下を履くようになるのかなと思います。

まとめ

5本指シューズビブラムについて紹介してきました。

筋トレにはかなりオススメできるシューズです。

何かトレーニング用のシューズを探しているなら検討してみてください。

いつもと違う感覚でスクワット、デッドリフトができるはずです。

この記事を書いている人 - WRITER -
心身の健康こそが最上
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Azizi Log , 2018 All Rights Reserved.