価値あるフィットネスを

スパルタンレースに参加!事前に行うべきトレーニングや練習について

 
  2018/05/28
WRITER
 
スパルタンレース
Azizi Fitness- SNS -
「価値ある」をテーマにしたフィットネス情報を発信するメディア。
詳しいプロフィールはこちら

先日(2018年5月19日)行われたリーボックが主催するスパルタンレースに参加してきました。

かなりキツイとは聞いていたのですが、事前の情報や準備はほとんど無しで参加し

結果、見事に後悔しました。

今回はスパルタンレースに初めて参加する人のために、僕が思った「ああしとけば、こうしとけば」と思ったことや、事前に練習するならどんなふうにすればいいのかなどを書いていきます。

スパルタンレースとは

スパルタンレースは簡単に言うと
めちゃくちゃハードな障害物競争」です。

スパルタンレース公式サイトはこちら

5km以上の距離を走り、その最中にある様々な障害物を乗り越えていきます。

スパルタンレースの画像

その障害物がまさにスパルタンというイメージにふさわしく

高い壁をよじ登ったり
バケツに砂を入れて運んだり
水に潜ったりと様々です。

これを聞いて「楽しそう!」と思う人と「意味がわからない」と思う人と別れますよね。

実際かなりハードで、普段どんなに鍛えていても疲労困憊になるでしょう。

なめてかかるとほぼ確実に後悔することになります。

事前にしておくべき練習やトレーニングについて

キツいとは言っても「絶対にこれをしておいたほうがいい」というのは特になく、レース当日まで何かしたの運動を継続していればいいのかなと思います。

普段トレーニングや何かの運動をされている方なら特に完走できるはずです。
(もちろんキツいですが)

運動経験がほとんどなく、現在もまったく動いていない人なんかが参加するとかなり厳しいレースになるかもしれません。

 

事前にトレーニングをしておくならばまず最も重要だと思うのが持久力です。

そして物を引きつける力(広背筋、上腕二頭筋、握力など)

物を持ち上げる力(脊柱起立筋、下半身の筋肉など)

こういったところでしょうか。

 

持久力

距離にして5キロや長いものだと20キロにも及ぶスパルタンレースに持久力は必須と言えます。

特に普段筋トレしかしていない人は持久力が落ちている場合が多いので注意が必要です。

長距離走を走るタイプの持久力も重要ですが、さらにスパルタンレースには短距離走を何本も走るタイプの持久力も重要になってきます。

後半になるとキツイ障害物が怒涛のように並んでおり、力を使う場面が連続して出てきます。

簡単なサスケみたいな感じですね。

なのでHIITのようなハイパワーの運動を何度も繰り返すトレーニングもオススメできます。

物を引く力

スパルタンレースでは、重りを引き寄せたり、壁を乗り越えたり、綱を登ったりと、物を引き付ける、もしくは体を引きあげる場面が数多くあります。

なので広背筋なんかを重点的に鍛えておくと比較的楽にレースを走れるのではないでしょうか。

懸垂なんかはまさにスパルタンレースに適したトレーニングではないかと思われます。

懸垂

スパルタンレース前に一個だけ何かトレーニングをしておきたいなら懸垂をオススメします。

物を持ち上げる力

個人的にですが一番きつかったのがバケツに砂を入れて運ぶとこでした。

かなり背筋(脊柱起立筋)の辺りに負荷が来ていたので鍛えていて損はないのかなという印象です。

物を持ち上げる為に重要なのが、背筋(脊柱起立筋)と下半身の筋肉は、どちらもスパルタンレース全体を通して重要な筋肉なのでできるなら鍛えておくべきです。

トレーニングの種目としては、デッドリフトやクリーン、バックエクステンション、スクワットあたりでしょうか。

クリーンだと瞬発力も鍛えられ、レース当日の動きも軽くなるかもしれません。

当日の注意点

今回始めて参加してみて

「事前に知っておけばよかった」

こんなふうに思ったことを、個人的にも次回出場の戒めとして書いていきます。

水に潜るので確実に汚れる

スパルタンレースで一番衝撃だったのが水に潜ったこと。

しっかり頭までつけるので体全身、確実に汚れます。

それの伴い、ウェアはもちろんのことシューズまで水浸しになるのでそこは知っておくべきです。

服の着替えだけでなく、替えのシューズ、もしくはサンダルは必須です。

現地でシャワーも浴びれますのでタオルも複数枚用意しておきましょう。

そしてすべての衣類が泥まみれになるので、最悪捨ててもいいくらいの覚悟でいた方がいいです。

できれば手袋を用意

  • 物を持つ場面が多く手が痛い
  • 手が汚れて掴みにくくなる

こういった理由から当日はグリップつきの手袋の用意をオススメします。

特にバケツに砂を入れて運ぶときは普通に手が痛くなります。
ここの手袋はマジで必須です。

スパルタンレース当日の物販ブースにもグリップのある手袋が販売しているのでそちらを購入してもいいかもしれませんね。

防寒着の用意も

スパルタンレースが開催される時期は5月か9月の夏前後が多いようです。
なのでけっこう寒い日もあります。

外で一日中過ごすことになるので、羽織れるものを用意しておきましょう。

まとめ

以上スパルタンレースの事前のトレーニングや当日用意しておくべきものについて書きました。

スパルタンレースは言ってしまえば
大金払ってしんどいことをしに行くレース
ですが得られる経験はかなり大きいはず。

トレーニングやスポーツが好きなら興奮できるので、しっかり準備してレースを走りきってください。

 

- SNS PAGE -
「価値ある」をテーマにしたフィットネス情報を発信するメディア。
Azizi Fitnessの詳細

Copyright© Azizi Fitness , 2018 All Rights Reserved.