心身健康こそ至高

日本唯一の女子大生ボディビルダー『森本愛香』

WRITER
 
森本愛香のアイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -
心身の健康こそが最上
詳しいプロフィールはこちら

あなたは”森本愛香”という女性をご存知でしょうか。

もし知らない場合は今ここで彼女の名前を覚えておくべきです。

なぜなら彼女は次世代のフィットネス界のスターになる存在だから。
少なくとも僕はそう確信しています。

彼女はあのテレビでも活躍中の筋肉博士
「バズーカ岡田さん」との偶然の出会いが起点になった、おもしろい経歴のボディビル・フィジーク選手です。

今回インタビューしましたが、予想通り魅力に溢れる人物でした。
是非この記事で森本愛香選手のことを知って頂ければと思います。

女子大生ビルダー森本愛香とは

森本愛香さんのボディビルコンテストの画像

森本愛香さんは96年生れの21歳、現役の大学生です。(2018/03/23現在)
現在は兵庫県の武庫川女子大学に通っています。

上の写真からみてもわかるとおり、さすがの筋肉のキレの持ち主です。
これは2017年に行われた、全日本学生ボディビル選手権の際の画像です。

なんと彼女はこの大会に女性一人で出場しました。
全日本学生ボディビル選手権に、女子部門はもともとなかったのですが、コンテストにチャレンジしたいという一心で新たに女子部門を作って出場したとのこと。

それほどの熱いパッションの持主です。

その時のフェイスブックの投稿を見て僕は心を打たれました。
その投稿がこちらです。

この投稿から愛香さんのトレーニングへの愛の深さが伝わってきます。
彼女の活躍を見て、女性の競技者がもっと増えたらいいなと心から思います。

現在も学業を続けながら、風神プロテインで有名な「FIGHT CLUB」でアルバイトをしているとのこと。
プロテイン会社でアルバイトなんて、はっきり言って聞いたことがありません。

ちなみに「FIGHT CLUBオーナーの中嶋司さんのブログ」は個人的にめちゃくちゃ面白いと思ったので興味のある方はぜひご覧ください。

それでは彼女のインタビューです。

森本愛香インタビュー

トレーニングを始めたきっかけ

最初に始めたのは高3の時です。
受験する大学の学科が健康・スポーツ科だったので何か運動をしないとなと思って始めたのがウェイトトレーニングでした。

最初はなんとなくトレーニングをしていたんですけど、回数を重ねるうちにどんどん面白くなって、気づいたら本を読んで独学で勉強するほどのめり込んでました笑

高校の頃は香川県に住んでいて、香川県に四国ボディビル選手権で優勝経験のある午頭さんが運営する「PINNACLE」というジムに通っていました。(公式ページはこちら

ボディビルダーが運営しているジムだけに、かなりハードコアなジムなんです。
そこに通うようになってからはもう本格的にトレーニング中心の生活になりましたね。

コンテスト出場のきっかけ

筋トレの勉強をしている時に「バズーカ岡田さん」の本をよく読んでいました。
とても参考になるので気に入っていて、そのことをSNSで投稿したらなんと岡田さん本人から返信がきたんです!

そこでお話をしているときに岡田さんから学生ボディビル選手権の存在を知りました。
それで「自分も出たい!」と直感で思い出場することに決めたんです。

なので、あのときSNSに投稿していなかったらまだコンテストにも出ていなかったかもしれませんね。
岡田さんには本当に感謝しています。

普段の生活

森本愛香さんがジムにいる画像授業前にジムにいく事もありますし、授業後に仮眠をとってからジムにいくことも多いです。
基本的には好きなタイミングでトレーニングをしますね。

今は学校があまり忙しくないので、トレーニングにたっぷり時間をさけるのが嬉しいです。

学校が長期休暇のときは地元の香川へ帰省します。そして先ほどの「PINNACLE」でトレーニング漬けです。
ボディビルダーのオーナーの方の知識は本当に勉強になりますし、会員さんも面白いので恵まれた環境にいるなって感じます。
「PINNACLE」に行くと自然とモチベーションが上がり、1回1回のトレーニングに全力を出せるんです。

普通の女子大生とは違うことをしているように思いますがその点は気になりますか?

「大学生」という自由な時間がある時期に筋トレと出会えたことは、本当に運がよかったです。

私は普段、飲みに行く、夜遅くまで遊ぶなど、翌日のトレーニングに影響が出ることはしません。

我慢してるわけではなくて、単にボディビル中心に生活することの方が私にとって、最高に楽しいんです。

普通の女性大生と違うことを特に意識したことはないですね笑
自分の好きでやりたいことをやっているだけですから。

「やっている」より「やらせてもらっている」という方が正しいですね

私はお酒は飲みません。よく「ボディビルのためにお酒を飲まないの?」と聞かれるのですが、そういうわけではありません。

大学生になると未成年でもアルコールを飲み始めますよね。
あの「大学生なら」という暗黙の了解がある風潮が私は苦手でした。

私自身、中学や高校生のときは平気で校則を破り、周りの方々に迷惑をかけてきました。
ですがある出来事が起きて以来、校則や社会のルールは必ず守っています。

学校の授業は絶対出席しますし、遅刻もありえません。

学べることに感謝し、毎日授業に出席した上で、トレーニングに励むこと、いわゆる文武両道が学生の私にとって大切だと考えています。

トレーニング内容

トレーニングは頻度や分割法など特に決めずにしています。
疲れたと思ったその日が休息日です。
そうするとだいたい8日〜10日トレーニングをして1日休むペースに今はなっています。

鍛える部位は、胸、肩、三頭、背中、二頭、脚、カーフ、という風に分割しています。
1日1部位というよりかは、日によって部位を組み合わせてトレーニングすることが多いです。

昔は曜日ごとに内容を決めてトレーニングをしていたんですけど、無理やりトレーニングをしているみたいになって今の方法に変えました。
今の方が楽しくトレーニングをできるので自分にあってると思います。

トレーニングで辛いと思ったこと

好きでやっている競技なので、泣き言は言うべきではありませんが、減量は苦しかったです。

初めて減量のときは脱水症状で倒れたことがありました。
嘔吐下痢が止まらず全身攣り始めたのですが、一人暮らしだったので気づいてくれる人がいません。
必死に指を動かし、友達に連絡して直ぐに病院へ運んでもらいました。

その友達のことは大袈裟ではなく命の恩人だと思っています。

2回目の減量のときは、最後の2ヶ月は早歩きやエアロバイクを1日10時間と過度な有酸素をしていたのですが、心も体も苦しかったです。
急に心臓に痛みを感じ、胸を押さえて座り込んだときは恐怖というものを覚えました。

ボディビルを通して、毎日生きられることの有難みを身をもって学ぶことができました。
この経験は大きいと思っています。

最後に

ボディビル競技はもちろん体を使いますが、それ以上にメンタルの競技と思っています。
過去2回の減量経験でそれを痛感しました。

トレーニングも減量も自分との勝負です。

普通に暮らしていたらこんな経験は絶対にできません。

こんなに熱中できるものに出会えて、本当に自分は恵まれているなと毎日感じます。

最近はトレーニングをする女性も増えている気がします。
もっとフィットネスに興味を持ってくれる人が増えてくれると私も嬉しいです。
そのためにもちょっとずつ自分なりに情報発信もしていけたらなと思っています。

まだまだ未熟ですがもっと活躍できるように頑張っていきたいです。
トレーニングをしているみなさんも一緒に頑張りましょう!

まとめ

今回しゃべってみた感じ、かなり普通の女の子でした。

好きなものがトレーニングになっているだけで、根本は女の子なんだなという印象です。
(最初どんなイメージだったんだって話ですが)

普通の女の子ですが、ところどころに出てくるトレーニングへの愛はやはり流石としか言いようがありません。

行動の大胆さ、減量のストイックさからも勝手ながら将来大物になる予感がしています。

ぜひみなさんも注目しておいてください。

愛香さんのインスタグラムはこちらからいけます。

この記事を書いている人 - WRITER -
心身の健康こそが最上
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© Azizi Log , 2018 All Rights Reserved.