価値あるフィットネスを

人材会社からトレーナーの道へ|フィットネスモデル『湯浅陸』

 
  2018/09/09
WRITER
 
湯浅さんのトップ画
Azizi Fitness- SNS -
「価値ある」をテーマにしたフィットネス情報を発信するメディア。
詳しいプロフィールはこちら

日常的にトレーニングに励む人にとって、パーソナルトレーナーという職業はある種の憧れを持つ職業です。しかし、一度デスクワークに慣れた人にとって、トレーナーという全くの別業種への転職はなかなか難しいものがあります。

今回紹介するトレーナー兼フィットネスモデルである「湯浅陸」さんは、人材会社の営業職からトレーナーへキャリアをチェンジさせた人物です。

湯浅さんはトレーナーでありながらも、自身でイベントを開催するなど多様な活躍をしています。

また、「Mister Grand International2017」と呼ばれるメンズコンテストでは日本代表として世界大会に出場し、Top15にランクインするなどフィットネスプレーヤーの中でも特徴的な経歴の持ち主です。

そんな、湯浅さんにトレーナーになったきっかけなどをお聞きしました。

湯浅陸
パーソナルトレーニングジム「Personal Body Lab.」勤務
パーソナルトレーナー・フィットネスモデルとして活躍
「Daddy park training」メンバー

2017ミスター・ジャパン 日本大会3位
Mister Supranational Japan 2017 日本大会2位
Mister Grand International 2017 日本代表 /世界Top15

トレーナーになったきっかけ

ーー会社員からトレーナーになった経歴についてお聞きしたいのですが、もともと学生の頃からもトレーナーになろうと考えていたのでしょうか?

そもそも筋トレを始めたのが社会人になってからなんです。だから昔はトレーナーになるとは全く想像していませんでした。

最初のキャリアは人材会社でスタートしたのですが、僕自身が将来何をしたらいいのか何の仕事が自分に合うのか分からず、ずっと悩んでいた時期がありました。

悩み続けて考えてる内に、ふと「この悩みって僕以外の多くの人も持つものだよな」って思って、同じ悩みを持つ人たちの助けになれる仕事をしたいなと考えたときに思い浮かんだのが、人材サービスの会社でした。

だから、自分がフィットネス業界で生きていくとは学生の頃は思ってもみませんでした。

ただ、その人材会社に入る前から「2年で区切りをつけて別の仕事をしよう」と考えてはいました。ちょうどそのタイミングであるきっかけがありトレーナーという職業に興味を持っていたのも重なり、タイミングよくトレーナーになった感じです。

湯浅陸さんのベストボディ

・価値観・考え方に魅せられた

ーートレーナーになったきっかけというのは何ですか?

まず、筋トレにハマったきっかけが「2017ミスター・ジャパン」に出場したことです。

そのコンテストの中で水着姿の審査があることを知り、筋トレもそのために始めました。

審査のための筋トレでしたが身体の変化もあり、どんどんのめり込んでいきました。すると、筋トレを続けている中で自分の中の世界観や考え方が変わっていっていることに気づいたんです。同時に身体が変わることによって周りからの見られ方にも変化が出てきました。

自分の身体が変わることで周りの反応も変わること、そして周りと差別化された存在になれることが自分の中で衝撃的な体験だったんです。

そして、「私と同じような体験を他の人にも味わってもらいたい」と思うようになり、トレーナーと言う職業に徐々に興味を持ち始めました。

あともう一つ、僕がミスター・ジャパンに出場した時の優勝者である”松浦泰山さん”がめちゃくちゃかっこよかったことも理由です。

松浦さんもトレーナーをされていて、肉体美はもちろん、とにかく価値観や考え方が魅力的でした。

そして「この人の価値観を磨いたのが、筋トレやトレーナーと言う職業であるならば自分もその道に進んでみたい。」

そう考えるようになったのも、トレーナーになることを決めた大きな理由の一つです。

現在の活動

ーー実際にトレーナーになってみて何か感じたことはありますか?

今は充実した生活を送っていて、パーソナルトレーナーという仕事にすごい可能性を感じています。

お客様のボディメイクでの悩みや肩こりなどの身体の不調の改善。そして精神的な部分のサポートに携われることで、お客様の人生をより幸せな方向に行くようお手伝いが出来る、自分が人の役に立っていることがダイレクトに感じられるのでやりがいを凄く感じます。

湯浅陸さんの阿波踊りイベント

「フィットネス×〇〇」で様々なイベントを

今は、イベント運営にも力を入れています。

先日も「伝統芸能を通して日本を知り、郷土料理を通して食の楽しさを学んでフィットネスの力を借りて来場者みんなで打ち解け合う。」そんなイベントを作りたいと思い、「フィットネス×伝統芸能×食」というコンセプトでイベントを開催しました。

今回は自分の故郷が徳島だったこともあり、徳島をテーマに阿波踊りと徳島の郷土料理を掛け合わせて行いましたが、今後は47都道府県ver.でやっていこうと考えています。

実際にイベントを開催してみて感じたのが、フィットネスを介することで初対面同士でも簡単に仲良くなれるということです。今回のイベントを通してフィトネスへの可能性を更に感じることが出来ましたね。

ただ、運営面で反省点も多かったので、その点は改善をして次回は更にグレードアップさせたいです。来場者の方が楽しめる、そして初対面同士でも自然と会話が生まれる暖かいアットホームなイベントづくりを行いたいと思います。

これからの目標

ーーこれからの長期的な目標があればお聞かせください。

やりたいことはたくさんあります。ジム経営にフィットネスイベント開催、シェアハウス運営に筋肉アート作成、飲食店経営、etc。笑

トレーナーとして独立した場合は、自分が一から考えて納得のいくサービスが提供できるジムを作りたいです。

ただ、やりたいことを実現するためには周りを巻き込む力が必要と思っていて、今は「湯浅陸」としての人間的な魅力や価値を高めることが大切だと考えています。

人間的な幅を広げるためにも様々な経験が必要だと思うので、「やってみたい」と好奇心が働きワクワクすることに対してはすぐに飛び込むようにしています。

私自身、思い切ってミスター・ジャパンに自分で応募をしてオーディションを勝ち取り日本大会に出場したことがきっかけで世界大会の舞台も味わうことが出来たし、こうしてフィットネスと出会うことも出来ました。

実際やってみないと分からないことはたくさんあります。やる前に自分の可能性を決めつけるのはもったいないですし、少しでも「やりたい」と思った自分の心の声にを傾けて生きることが自分の人生をいきているということなんじゃないかなと。湯浅陸さんのプロフィール画像

みんなのロールモデルになれるように

自分にやりたいことがあっても、色んなしがらみが原因で前に進むことができない人ってたくさんいますよね。中には、少しの勇気が出なくて夢を諦めてしまう人もいます。

そこを自分が先に立って何でもチャレンジすることで「やってみたら意外と出来るんだよ」ってことを示せるようになりたいんです。

みんながやりたいと思ったことをやれる世界に本当の意味で自分の人生を生きられる、そんな世界になれれば理想ですよね。

やりたいことをやっていった人生の先にある可能性を見せることが出来る生き方のロールモデルになれるようにこれからも頑張ります!

 

写真提供:@kentoyokawa.photos

 

- SNS PAGE -
「価値ある」をテーマにしたフィットネス情報を発信するメディア。
Azizi Fitnessの詳細

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© Azizi Fitness , 2018 All Rights Reserved.